工藤順也が情熱大陸に出演!寿司職人の修行は厳しい?包丁スキル!

この記事は1分で読めます

kudoujyunnya

2012年ミシュランガイドで一つ星を獲得した北海道の鮨の一幸。
その鮨一幸の主人である工藤順也さんが1月19日の情熱大陸に出演されます。

倒産寸前の田舎の寿司屋をどうやって世界的に有名にしていったのか?
そこには工藤順也さんの寿司職人としてのこだわりがあったようです。

情熱大陸で放送される前に、色々と調べてみました。

寿司職人の工藤順也

国内外で評価される寿司職人の工藤順也さん。
1981年生まれで32歳ですが、25歳の時に父親から店を受け継いでいます。
ワインソムリエの資格も持っているという工藤順也さん。

東京の老舗の寿司店のほとんどを巡り修行をされていたそうです。
こういうのはよほどの覚悟とこだわりがないとできませんよね。

芸術の域にまで達成された工藤順也さんのお寿司を食べに来たいという人は、
後を絶たないようです。

お店を継いでから7年位でここまで、
しかも店舗だって恵まれた立地ではないのに成功するのはスゴいと思います。
お寿司に対しての純粋な情熱がなければここまでにはできないでしょう。

鮨の一幸について

場所が気になったので、
地図で調べてみました。

スポンサードリンク

北海道の札幌市からはずれの方へいきます。
観光客としていくなら、フラッと立ち寄るといった感じではなく、
鮨の一幸にいくことを前提としてということになると思います。


大きな地図で見る

今度北海道旅行にいったら立ち寄ってみたいですね。
でも、値段が高いんだろうな~。

食べログに情報がアップされていたので、
リンクを張っておきますね。

⇒ http://tabelog.com/hokkaido/A0103/A010305/1002652/

寿司職人の包丁スキルに海外も驚愕

寿司職人つながりで調べてみると、
面白い動画を発見、これは見ておくといいですよ。

料理人の人ってやっぱりすごい技術を持っているんだと感心させられます。
海外の人でなくてもこの包丁さばきは十分驚きますよ。
よく手を切らずにリンゴの皮をむけるものです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA